スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無沙汰のお詫び




161202「神戸ルミナリエ」開催 VGA


神戸では12月2日から
「神戸ルミナリエ」が始まり
30万個の地上の星が煌いて
いよいよ年の瀬と言った雰囲気です



皆さんには
いつも当ブログをお訪ね戴き
有難うございます
また度々お訪ね戴いているにもかかわらず
長々と更新せずに申し訳ございません
当方の体調を気遣って下さる
ブロガーさんもいらっしゃって
恐縮致すと同時に
心から感謝申し上げます

僕の体調不良と言うより
実は日常の出来事やら
社会的なニュースに関する
感想などを書き綴っている
別のブログを持っており
そちらに気が向けば
短歌や詩(のようなもの)を
書いていたのですが
別カテゴリーとして
独立させる意味合いで
こちらのブログを始めました
よってこちらには
殆ど僕の日常が
書かれておりません
こちらはこちらとして
また違ったコミュニティーの
仲間入りをさせて戴く事が
出来ればいいなと
考えておりました

書き綴っておりました
短歌や詩のような文章は
殆ど書き終えましたので
一応はこのブログの役目は
果たしたと言ったところで
現在は休止させて
戴いておる次第です

またひらめきがあったり
書き留めたものが
一定量になれば
お目に掛かれるやも知れません
それまで暫しのお休みを
頂戴致します

ご訪問戴きました方
コメントを賜りました方には
勿論ご返礼させて戴く所存です

これから寒くなってきます
皆さんにおかれましては
くれぐれもご自愛くださいますよう
お願い申し上げます

ではでは (o・・o)/~マタネェ





スポンサーサイト

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

「突発性難聴」・「聴神経鞘腫」と言う病





もうすぐ9月だと言うのに
まだまだ暑い日が続きそうですね
夜まで熱帯夜と言うのが
たまりません!
お陰でエアコンの電気代
高くつきそうです・・
この夏これまでに「熱中症」で
救急搬送された患者さんの数が
一番多いのは大阪府だそうで
次いで兵庫県らしいですね
皆さんこれからも気をつけて下さいネ



8月4日朝起きると
右の耳だけが
何かでカバーされたような
プールの中で音を訊いているような
何とも言えない違和感を感じて
暫く“耳抜き”などをしていたのですが
どうも一過性の症状ではないなと感じ
病名だけ知っていた「突発性難聴」を
ネットで調べてみると
合致する症状が多かった

ネットには48時間以内に
治療を始めるのが望ましく
時間が経てば経つほど
回復の見込みが薄れる
と書かれてあったので
慌てて耳鼻科のクリニックに電話して
症状を伝え翌5日の朝一で出向き
検査や診察を受けると
やはり「突発性難聴」の
疑いがあるようなので
設備が整った大きな病院に
紹介状を書くから直ぐ行ってくれとなり
言われるがままにその病院に出向き
耳鼻咽喉科で採血、採尿
左右の耳の聴力検査などを行い
結果そこでも「突発性難聴」と言う診断でした

その日からステロイド剤の点滴を
1週間続け12日に再度聴力検査をしたところ
かえって悪化しているような数値で
その間10日に撮ったMRIの
画像から「聴神経鞘腫(聴神経腫瘍)」
の疑いがあるようで
「脳神経外科」に紹介状を書くから
受診するように言われ
予約して受診したのが昨日の話

「脳神経外科」医師の看立てでは
「突発性難聴」の原因は
恐らく耳で聞いた音を
信号に換え脳に伝達する
神経に出来た「聴神経鞘腫」で
結論から言うと右耳の聴力は
回復する見込みはないらしい

腫瘍は大抵の場合良性ですが
ゆっくり時間をかけて
大きくなり続ける
と言う特性があり
現在のところは
7mmx5mm弱
程度みたいです
大きくなってくると
当然脳の中ですから
色んな合併症が現れます
MRI画像を
プリントアアウトして
渡されたけど
気持ちの良いものでは
ないですねぇ

この腫瘍には
ステロイド剤などの
「突発性難聴」治療の
定石と考えられている
薬は効果が期待できず
かと言って腫瘍が出来ている
部位を考えると
外科的手術や放射線治療を行うと
聴力が更に落ちるか
全く聞こえなくなったり
他の神経を傷付けると
「顔面麻痺」などを
併発する可能性の方が高いので
今のところは「経過観察」しか
ないように思うとの事でした

僕がネットでかき集めた情報と
殆ど同じ結論でした
ガッカリしたけど仕方ない
それでも次第に聴力が
落ちていく可能性が高いそうです
聴力が失われていくのを
ただ何もせずにいるのは
僕の性分に合わないけど・・
半年後の来年2月にMRI検査と
診察の予約をとりました
気の長い話ですよね

右耳で音声が聞き取り難く
音の方向性や立体感が
掴み難いだけなら
慣れれば何とかなるかも知れないけど
音声の特定な音域だけが
聞こえなかったり
音が歪んで聞こえたり
音の終わりにジジジとか
ギギギなどの音や
あくびやシャックリした時に
ビョ~ンビョ~ンみたいな
余計な雑音が入るのは
つい笑ってしまうけど
何とも不快なので
次の耳鼻科の診察日に
せめてそんな雑音を
抑える方法はないものか
訊いてみようと思います

壊れたラジオが
右耳に入っているようで
全く聞こえないように
耳栓でもしていた方が
マシなような気がします

これまで色んな検査続きで
疲れてしまいましたが
昨日も「脳神経外科」での診察終わってから
耳鼻科関連の「平衡機能検査」があって
土台や目を動かしながら
バランスがとられるかのような
検査を受けたのですが
最後に耳の奥に強めの冷風や
温風を吹き付けて
反応を観る検査があって
耳の奥に強めの風を
吹き付けられ続けると
次第に目眩がしてきて
吐き気を催してくるんですねぇ

検査が終わっても
吐き気と冷や汗が止まらず
暫く外のソファで休んでいて
それでも吐き気が治まらず
トイレに行っても吐きそうで吐かず
便器を抱くようにして
30分くらい動けませんでした
帰りのバスの中でも
まだ吐きそうだったので
レジ袋を握り締めて
我慢していて
家に着くなり横になって
暫くは動けませんでした
もう2度とあんな検査はNGです
診察や検査や注射続きで
疲れてしまいました

近頃聞こえにくいな
耳鳴りがするな
ちょっとした目眩が
続くなと感じている方は
念の為一度
耳鼻咽喉科や脳神経外科で
受診なさってみて下さい





テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

父の誕生日に




暑かったですねぇ~~
こちらでも最高気温が
30.3℃あったそうです
コンクリートや石のタイル
などからの照り返し
車の排気熱などで
体感気温はもっと高かった
蒸し暑すぎて
「ジャバ・ザ・ハット」のように
体が解けかけていました




本日は亡き父の誕生日です
超甘党だった父へのお祝いとなれば
やっぱりこうなってしまいます


160702_4033父の誕生日のお祝002VGA


マンゴーショートに三色団子
シューロールケーキにわらび餅
今回は甘~いコーヒーの代わりに
甘酒にしました
(゜O゜;アッ!、キャラメルコーン忘れた

歳の離れた姉達は
よく遊んで貰ったそうですが
僕は物心ついてから
父に遊んで貰った記憶がありません

ワンマンで横暴で高圧的で
僕はいつも複雑な想いを抱えていました
父親に口ごたえしたからと
包丁を持って追い掛け回された事も
今では笑える想い出になりました
或る日腹に据えかねる出来事があって
父に「アンタが死んでも葬式に顔出さないし
 僕が結婚する時もアンタは呼ばない!」
と吐き捨てるように言った

その言葉を守ったわけではないけど
父とは最後まで喧嘩していて
学校に危篤の知らせが入っても
病院に向かおうともしなかった
教師やクラスメイトに
頼まれるようにして
教室を後にしたけど
勿論臨終の場には
間に合いませんでした

父が体調を崩してから
万一の事があっても
後悔しないようにと
当時の僕が考えられる事や
出来る事は全てやってきました

父が亡くなってから
父は多分男の僕に
どう接していいか
解らなかったのだろう
色んな事ひっくるめて
多分父はそうとしか
生きられなかったのだろうと
思えるようになった

当時僕もまだ子どもで
オトナの事情を知るには
若過ぎたのかも知れません

今夜は父の遺影に
当時のこと
少し話してみました





テーマ : 誕生日
ジャンル : ライフ

ストロベリームーンと父の日



今夜は「Strawberry Moon」と言う
月が赤みがかって見える
特別な満月の夜だそうです

でも生憎空には雲が掛かって
見えません
好きな人と一緒に眺めると
結ばれるとの言い伝えが
あるらしいですョ




昨日は「父の日」でしたが
皆さんは何か贈り物されましたか?
うちの父は
僕も驚く程の甘党だったので
和菓子に好物だった
「キャラメルコーン」と
「甘~~いコーヒー」を
お供えしました


160619_4016「父の日」のお供え物002VGA


僕には既に
父も母も兄も姉もいないけど
遺影写真になってみて
少しは素直に話せるように
なったかなって思う

不思議なものですよね
あの頃僕は今よりも
まだ真っ直ぐで
多感な時期だったり
世間に出て色んな事にぶつかり
自分なりに落ち込んだり
不条理に怒っていたり
発破掛けていた頃で
両親ともまともに
話していなかったような
気がする

居なくなってみて初めて
親の言葉や行動のワケが
想像できたり
気持ちを素直に
表せなかった自分を
詫びたり
有り難さを痛感したり
いや、それでも許せないと感じたり

でもその頃の僕は
その頃の僕なりに
精一杯やっていたんだよ
本当は辛くてしんどかったんだよ
泣きたかったんだよ
なんて遺影に昔噺ができるのは
僕も年喰った証なのかもね





テーマ : 日々の中で・・
ジャンル : ライフ

 すみません、デス。





僕はお訪ねさせて戴いたブログで
「拍手」や「ランキングバナー」が
貼られてある場合
必ずどれかはクリックしてくるのですが
最近と或る方から
折角クリックして戴いていると思うのに
「ランキングバナー」が加算されていませんと
ご連絡を頂戴しました

( ̄~ ̄;) ウーン
僕はこれまで通り
クリックしているのですが・・
なんでそんな不具合が起きるのか
原因が判らないので
修復も叶いません
ひょっとしお訪ねさせて戴いた
ブログ全てでカウントされていない事も
考えられますので
取り敢えずクリックしている旨のご報告と
お詫びをお伝えさせて戴きます

ごめんなさい <(_ _)>








テーマ : バナー
ジャンル : ブログ

- 遠い母の日 -





今日は「母の日」でした

近年では5月の第2日曜日と
決められれているそうで
ほぼ毎年日付けが変わるので
つい忘れがちになります
今回も15日くらいだろうと
まだ先と油断していたら今日でした(^^;

皆さんは何か贈り物されましたか?

僕は「いちごショート」と
「いちごロール」と
母の好きだった「ホットレモン」を
遺影にお供えしました




160508_3921「母の日」のお供え物・いちごショート・いちごロール・ホットレモンzoomVGA



  「母の日」に お供えをした苺ケーキは

       伝え損ねた 感謝を語って





男と女の差もあると思いますが
僕と母は性格が全然違っていて
何かと後ろ向きな母親とは
折り合いが悪かった

若気の至りと言う事もあり
僕は僕が学校や仕事から
帰るのを待ち侘びていたかのように
買ってくるなり進展しない
愚痴や泣き言を
並べたてる母が鬱陶しかった
初めは根気よく耳を傾けていても
解決する気があるのか無いのか
判らない繰言にそのうち
イラッとさせられて
問題点を整理・吟味して
こうすればいいんじゃないの?と
解決策を伝えて話を打ち切る
それが母には不満だったようです

でも僕は男で
母に何かあったら
僕が出て行くと決めてはいても
上の姉のようには
女同士の終わりの無い
四方山話は苦手

父が先に逝き
家の中にいても
気分が鬱々としてしまうだろうと
働き始めてからは
僕の休みは殆どが母を外に
連れ出す事に充てられた
ちょっとした旅行や
買い物に連れ出したり
友人にチケットとって貰い
ミュージカルや芝居も
よく観に行きました
でも母は表現が超ド下手な人なので
「楽しかった」の感想は
劇団四季の「ライオンキング」を
観た時以外聴いた事はないですけどね
母は元々“動物モノ”が
好きだったから(^^;

母の繰言を時折聞いて貰っていた
近くに住んでいた上の姉が
急逝してしまい
呆気にとられていたところ
その後上の姉の代わりに
母の友達になってくれて
よくお茶に誘ってくれていた
会社の事務員さんも
突然乳ガンで倒れ他界してしまった
母もガッカリしたでしょうけど
僕も大いに落胆した

下の姉は若い頃から家を出ていて
正直アテにならなかったので
母が何かと入院する度に
僕は学校や職場と掛け持ちで
母の身の回りの世話をしてきた
一度母がちょっと危ないと言う時に
下の姉に状態を伝えたところ
「私は何もできないから行かない」
と言われた事がショックで
腹立たしくてそれから
母の状態が変わっても
たまにメールで近況報告
する程度になった
母は僕は病室で洗濯物をたたんだり
繕い物していても時が経つにつれ
段々無口になってくる
病室に2人でいても
静寂に耳が圧迫されるくらいなんです
その静けさがとてつもなく哀しかった

最後になってしまった
胃ガン手術の術後の状態が悪く
いよいよ危篤と言う時に
ICUに姉や子供達を呼んだ
姉は泣いていたけど
泣くくらいなら
一度でも親身になって
親の看病しておけ!って思った
父が死んだ時も
上の姉が急逝した時も
殆ど僕が解らないなりにも
葬式まで済ませた

僕は疲れ切っていたし
ICUで母の死亡宣告を受けてから
兎も角家に連れて帰るまでの手配を
まるで弔問者のように佇んでいる下の姉に
丸投げして手配させた
僕は外科の担当医が言った
「初期の初期のガンだから
 胃を部分的に切除すれば
 根治しますよ
 それが治って体力がついてから
 肝細胞ガンの手術しましょう」
と言う結果的にはいい加減なウソや
これまでの下の姉の非協力的な態度
母の病状を伝えても
「私は何もできないから行かない」
と言った言葉
それより以前に
「親の面倒は長男が看るのが当たり前」
と言った言葉
入院中の母の言葉や姿などが
僕の頭の中で渦を巻いて
怒っていました
誰も彼も、世の中の不条理に
怒っていました

その担当医の対応に納得がいかず
葬儀後母の遺骨箱を
病院に持参に
担当医とその上司に差し出し
母の遺骨に頭を下げさせました

僕はそれからも
生きているし日々体も動いている
色んな事を考えているけど
何か大切なものが
心から零れ落ちて
しまったような気がします

亡くなった家族や
親しくして貰っていた方々を
心配させるつもりはないのだけれど

ただやはり親は偉大だなと
亡くなって時が経つにつれ
そんな想いが大きくなってきます






テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

- めぐる季節に -



今日も日中は
爽やかに晴れていましたが
風が吹くと少し肌寒いような
この季節らしい天気でした

たまたま通った公園で
ふと見上げると
「木蓮」の花が咲いていました
日々色んな事があるけれど
今年もこの花は忘れずに
春の前触れに
訪れたんですね




木蓮の花 f0085692_1494542VGA



     白き掌の 開くが如し その花に

          流るる時間(とき)を しばし見上げん







テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

- 早春色の花 -

2月9日に
ベランダの「金のなる木」に
花が一輪咲きましたと
ご報告しましたが
あれから1ヶ月以上経った今も
少しずつ、少しずつ
花びらが開き続けています

今朝はこんな感じでした


160315_3836今朝の「金のなる木」の花VGA


ネッ!?だいぶ開いているでしょ?
でも同じベランダに置いてある
ダルマサボテンの「花盛丸」や
「孔雀サボテン」の大輪の花は
たった一夜で萎れてしまうのに
初めて目にする「金のなる木」の小さな花は
なんて長く咲き続けるのでしょう
天からお金が降り注いでくるようです(^^ゞ



   ひそやかに

   知らんと願う 彼の人の

   心に宿る 色の名前を




ついでに「カランコエ」の花も咲いているので・・


160315_3837今朝の「カランコエ」の花VGA


この花は別名「ミリオンスター」と
呼ばれている通り
小さな星のような花びらを
たくさん付けます
これは何年か放っておいたら
大きく成長しちゃっているようですが(´m`)クス

一旦全部枯れてしまったので
枯れた部分を取り除いて
置いておいたら
また青々とした芽が出てきました
多肉植物と言うのは
本当に生命力に満ち溢れていますねぇ
僕も見習わなくては!





テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

- 瓶の中の想い出は -




 昨日は亡き母の誕生日でした
 チーズとチョコレートのタルトに三色団子
 イチゴと母の好きだった
 甘~~いレモンティをお供えしました





   160211_3761亡き母の誕生日祝いVGA





                 冷蔵庫の

                 奥に見つけた 瓶の紅

                 母の梅干 想い出と食み








          

テーマ : 誕生日
ジャンル : ライフ

Dollar plant の花



珍しい事に
昨日ベランダに長年置いてある
母の忘れ形見の「金のなる木」に
一輪だけ小さな花が咲きました


   160208_3753やっと咲いた「金のなる木」の花一輪VGA


花が咲くとは聞いた事がありますが
長年居るにも関わらず
その気配は一向になかったので
これはきっと違う種類なんだろと
気にも留めていなかったので
「蕾」らしきものが出てきた時は
何かの予兆かと逆に
不審に感じました

事実毎年冬になっても
多少弱りはしても
枯れる事無く青々としていたのに
今年に限って黒く変色して
殆どの枝葉が萎れてしまい
観るも哀れな姿だったので
まだ元気そうな枝葉だけを残し
思い切って萎れた枝葉を全部
剪定したばかりの出来事でした

同じくベランダに置いてある
サボテン「花盛丸」の
乳白色のヒラヒラした花や
「孔雀サボテン」の鮮やかな
ショッキングピンクの花とも違い
薄桃色の何と奥ゆかしい小さな花でしょう
一足早い春を運んできてくれたようです
そして蕾は淡色のチューリップのようです
本当に驚きました

何かが起きるのでしょうか・・







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

ブログ翻訳
こねこ時計 ver.1
Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

terence

Author:terence
issued:17,Nov.2014

Bienvenu à Mon Blog(^O^)/

感じた事を詩や短歌っぽく
書いてみました
詩と短歌の間には
時系列的なつながりは
殆どありません

SNSやっていないので
「ツィート」とか
「いいね!」は押せません
ごめんなさい

最新記事
最新コメント
FC2ブログランキング


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村 ポエムブログへ

FC2Blog Ranking


月別アーカイブ
カテゴリ
terenceへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。